展開に合わせて声援を送るという本質的な応援へと-割引爆発

2018年は韓国人客数が訪日外国人客数全体の4分の1を占めたが
男性が当たり前に子育てをしたくてもできない社会にどう我々は向き合っていくのか
その実態を現すデータが「6歳未満児にいる夫の育児-家事関連時間」の国際比較のデータであろう

油の神様に会いに行く

高校生怖い
実家の近所の油の神様に会いに来ました。
参拝客(高校生)がいっぱいいて怖かったので帰ります。
...

もっと読む

奥田道大 2000:『都市社会学の眼』ハーベスト社

100510_222103.jpg
わかめ 適量
揚げ玉 少々
とうふ 一丁
あのラー油 大...

もっと読む

月100時間の残業なんて当時は普通でしたね

なめことオクラそうめん

筆者が代表を務めるNPO法人グリーンパパプロジェクトでは 100427_184742.jpg
まず、オーソドクッスにそうめんを食べました。


材料
...

もっと読む

子育てに積極的な男性ほど「男性の育児参加」に対して違和感を感じている 後に工場では「快適」と表現する貸し部屋が与えられ

めんつゆ生活1日目

一人暮らしの家と会社を往復するだけで歳月が経ってしまいました
 めんつゆ研究所に就職いたしました。
→のバーナーをごらんアレ
100427_191330.jpg

さて、ヤマキさんからめんつゆが届きましたよ。...

もっと読む

イクメンスピーチ甲子園2016募集中~8月8日まで!~ 国際交流の推進を図ってきたのが自治体であった

仕事ぶり

「男性の育児参加」という言葉を違和感なく使用できる環境を生み出してしまったのだ

このままだと単なる日記サイトと化してしまいそうなのでここで一つ作業をしてる所を上げようと思います。
マンガの描き方のペンタッチの技

2章においてイラン人の集会が可視化を招いたことを述べた

現状の日本ではそうしたことが自分たちの手で決められるほどに土壌が整っているとは到底言えない

暗い所で待ち合わせ

写メを送っったらどうなるかと思いまして…。ただ今諸事情により暗い所で待ち合わせしています。(深夜0時)
暗いよー怖いよー。

...

実際にある問題の所在を突き止めようとインタビューをしても

イクメンプロジェクトでは「イクメンスピーチ甲子園」を開催している

このブログの人気記事ランキング

「男性の育児参加」という悠長な意識が蔓延してしまうことになった

JUGEMおすすめブログ

この日韓外相会談の時間はわずか30分間の予定だ
自分と同じく年収500万円ぐらいの稼ぎがある

展開に合わせて声援を送るという本質的な応援へと-割引爆発

article 展開に合わせて声援を送るという本質的な応援へと
「男性が子育てに協力する」という形ではなく
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
組織を若返らせるためもあって上司が引き上げてくれたのです